山口ギターコンクール50回記念プレイベント Vol.3 - 小暮浩史 クラシックギターコンサート-

2022年、山口ギターコンクールは50回目の節目を迎えます。
記念イベントシリーズの最後は、第50回山口ギターコンクールのゲスト審査員を務め、華麗な音色で洗練された音楽を奏でるギタリスト、小暮浩史氏による特別コンサートを開催します。

開催概要

日時 2022年8月19日(金) 18:15開場 18:45開演 フライヤー
クリックでPDF表示

kogure
会場 下関市生涯学習プラザ 風のホール(下関市細江町3丁目1-1)
出演 小暮浩史(第50回山口ギターコンクールゲスト審査員)
料金 一般 3,000円 / 学生(大学生以下) 1,000円
*第50回山口ギターコンクール出場者は2割引き
チケット予約 ご予約はこちらの予約フォームより行うか、チラシに記載の事務局までお電話ください。
お支払いは当日会場受付にて承ります。おつりのないようにご用意ください。
問合せ 事務局 ygs(at)guitar.jp
*(at)を@に変えてください
主催・共催・後援 主催:山口県ギター音楽協会
その他 感染症拡大防止対策についてはこちらをご覧ください。

プログラム

J.S.バッハ:BWV998
カタロニア民謡(リョベート編):盗賊の歌、アメリアの遺言、聖母の御子
F.タレガ:グラン・ホタ
ほか

出演者

小暮浩史 / Hiroshi KOGURE
これまでギターを高田元太郎、福田進一各氏に師事。
東京国際ギターコンクール、ヴェリア国際ギターコンクール(ギリシャ)、九州ギターコンクールにて優勝するほか、国内外のコンクールで多数優秀な成績を残している。
2014から2019年までフランスのストラスブール音楽院に留学。ギターをデュオ・メリス(アレクシス・ムズラキス、スサナ・プリエト両氏)、古楽解釈および通奏低音を今村泰典氏に師事。
NHK FM「リサイタル・ノヴァ」に出演するなど、現在は東京を拠点に各方面で精力的な活動をしている。2016年度文化庁新進芸術家海外研修員。

「第50回山口ギターコンクール課題曲勉強会」終了しました。

第50回山口ギターコンクールに向けての「課題曲勉強会」、無事終了いたしました。各講師、さまざま知恵を絞って頑張りました。ギター愛好家の皆さんに少しでも役立てていただければ幸いです。
本番の「第50回山口ギターコンクール」は、8月20日㈯に下関において開催いたします。第50回の節目、という事でゲスト審査員に若手の第一人者小暮浩史さんをお迎えいたします。また、小暮さんには前日19日(金)に記念コンサートも行っていただきます。どうぞ、たくさんの皆さま「気軽に受けてきちんと審査」の山口ギターコンクールにぜひお出でください。

各部門で取り上げた曲は、下記のとおりです。
★初級部門(担当:藤村彰)
♪選択課題曲全曲
★中級部門(担当:塩田万希世)
♪「ブーレ・ホ短調」、「ラグリマ」、「小さなロマンス」
★上級部門(担当:上西達也)
♪「ヘンデルの主題による変奏曲」、「大序曲」
★グランプリ部門(担当:中野義久)
♪「椿姫幻想曲」

「第50回山口ギターコンクール課題曲勉強会」開催のお知らせ

2022年8月20日(日)に開催予定の『第50回 山口ギターコンクール』にむけて、下記の内容で勉強会を開催することになりました。山口県ギター音楽協会の講師が課題曲の魅力や練習ポイントを紹介。各講師のこだわりコーナーなどもあります。コンクール出場をお考えの方や関心のある方、どなたでも参加できます。但し、事前予約が必要です。

●日時 2022年5月15日(日) 12:30~16:00予定(開場は12:00)
●会場 田中絹代ぶんか館 1F ミニホール (〒750-0008 下関市田中町5番7号)
     車でお越しの方は、下関本庁舎立体駐車場、または下関赤間駐車場をご利用ください。
●資料代を含む参加費 1,500円
●定員 予約のみ25人(先着順)
●講師 上西達也、塩田万希世、中野義久、藤村彰
※楽器は不要ですが、ご持参は自由です。
◆お申し込み、お問い合わせは協会事務局までどうぞ。
   (TEL)090-6838-2954(塩田万希世)  (E-mail)ygs@guitar.jp

 // 当日の進行予定 //

★12:30~13:15 初級部門(担当:藤村彰)
♪全曲のポイントを紹介

★13:25~14:10 中級部門(担当:塩田万希世)
♪「ブーレ・ホ短調」、「ラグリマ」、「小さなロマンス」の3曲を中心に紹介
<講師のこだわりコーナー> 体で表現してみよう!舞曲のリズム

★14:20~15:05 上級部門(担当:上西達也)
♪「ヘンデルの主題による変奏曲」、「大序曲」
<講師のこだわりコーナー> やめたほうが良い練習方法

★15:15~16:00 グランプリ部門(担当:中野義久)
♪「椿姫幻想曲」
<講師のこだわりコーナー> そうおん(想音、創音、奏音)ノススメ

第13回山口ギターフェスティバル 終了しました

ご挨拶

第13回山口ギターフェスティバルにご来場くださり、ありがとうございました。
四時間の長丁場でしたが、各地よりお集まりいただいたギターファン同士の交流の一助となれば幸せです。
今回、ロシアの侵攻によるウクライナ難民支援のため、募金箱を設置させていただきました。皆さまからのお気持ちをしっかりお伝えしたいと思います。政府や県からの支援も始まろうとしておりますが、息の長い活動が必要になるかもしれません。皆さまそれぞれに思想信条があると思いますが、故なく困難な立場に置かれてしまった人々にずっとずっと心を寄せていただけたらと思います。

山口県ギター音楽協会 会長 中野義久

集合写真(出演者とゲスト樋浦靖晃氏)

会場での募金について(ご報告)

2022年3月13日に開催した第13回山口ギターフェスティバル(山口県ギター音楽協会主催)の会場に於いて、『ウクライナ難民支援』への募金を行いました。
皆さまからお寄せいただいた募金額は15,338円となり、ロシアの軍事侵攻を逃れて周辺国に流出したウクライナ難民を支援する人道支援活動の一助となるよう、3月16日に特定非営利活動法人難民を助ける会(AAR Japan)へ全額振り込みを行いましたことをご報告いたします。

山口県ギター音楽協会 事務局

第13回 山口ギターフェスティバル 当日の予定を発表します

開催日 2022年3月13日(日)
会場  下関市生涯学習プラザ 風のホール
入場無料

12:00 開場(ステージでは、参加者の集合写真撮影を行います)
12:30 開演
    1ステージ
     1.山口ギター同好会
     2.関門ギタークラブ「パセオ」
     3.かみにしギター教室アンサンブル部
     4.パストラーレ・ギターアンサンブル
13:25 Ⅱステージ
     5.藤井聰
     6.百合野和利
     7.田中純子
     8.馬場康夫
     9.木村秀樹
     10.蔡美雨、蔡倫基
     11.大槻源太、塩田万希世
     12.髙野豊広、佐藤孝俊
     13.古川貴温、藤村彰
14:30 Ⅲステージ
     14.大槻源太
     15.田邉薫
     16.藤村明夫
     17.辻畠聡子
     18.佐藤孝俊
     19.飛んで山口(堀川裕気、佐藤なぎさ)
     20.中嶋麻貴、中野義久
     21.北島温子(マンドロンチェロ)、中野義久
15:20 【ゲスト演奏】
      樋浦靖晃 ・・・・・ 演奏会用断章 Op.54/F.ソル
15:45  Ⅳステージ
     22.髙野豊広
     23.入江龍二郎
     24.栗栖規介
     25.山縣未紗子
     26.金子智治
     27.坂野健太郎
     28.古川貴温
     29.布川大介
     30.後藤隆司
     31.牛島光春
16:45 【講師アンサンブル】
      樋浦靖晃、上西達也、塩田万希世、中野義久、藤村彰
           ・・・・・ 花は咲く/菅野よう子(小関佳宏編)
※予定時刻ですので、時間は前後することがあります。
 皆さまのご来場をお待ちしています。
 ご来場の際は、コロナ感染症対策へのご協力をお願いいたします。

第13回山口ギターフェスティバル開催について 変更のお知らせ

 全国的なコロナ感染症の拡大に伴い、山口県でも2月20日までのまん延防止等重点措置が適用されました。これを受け、今回のフェスティバル参加申込期限を 2月28日(月)に変更します。その後コロナ感染症拡大が収まらない場合は、開催の中止の可能性もあります。募集〆切の時点で判断し、開催の可否についてはホームページでお知らせをいたします。
 今回のフェスティバルでは、特別ゲストとしてギタリスト樋浦 靖晃氏の演奏をお聴きいただくことになりました。詳細はチラシ等でお知らせします。
♪樋浦 靖晃氏
 東京出身のギタリスト。音楽教室ミュージックベア代表。イーストエンド国際ギターコンクールを主宰し海外のギタリストを多数招聘。

( 2022.2.3 公開 )

第13回山口ギターフェスティバルin下関 ご案内とお誘い

第13回山口ギターフェスティバル参加のお誘いです。コロナ新株が若干心配なところはありますが、昨年一昨年よりはずいぶん世間の動きが出てきましたね。当フェスも、昨年は合奏人数に制限を設けておりましたが今年は撤廃し、ほぼ通常通りの開催となります。とはいえ、今回も大合奏は残念ではありますが、見送らせていただきます。独奏・重奏・合奏など、日頃の練習の成果、けじめ、腕試し・・などなど、どのようにも活用していただき、ギター三昧の楽しい一日をギター仲間と一緒に過ごしましょう!!ふだん会えない同士の交流・親睦もぜひどうぞ(^^♪
(山口県ギター音楽協会 会長 中野義久)

演奏会概要

と き : 2022年3月13日(日) 13:00開演 (12:30開場)予定
ところ : 下関市生涯学習プラザ 2F “風のホール”
入場料 : 無料

募集内容

◆ギターソロ、ギター重奏、ギター合奏、ギターと他楽器のアンサンブル
※他楽器の場合、ピアノは不可、歌もOKですがマイクは使用できません。

参加料

◆一般 … 独奏/¥3,000  独奏以外お一人/¥2,000
※但し、独奏及び重奏の出演者が合奏に参加する場合は合奏の参加料は不要です。
◆高校生以下 … ¥1,000

演奏時間

◆独奏 … 5分程度
◆重奏(2~4人) … 7分程度
◆合奏 … 10分程度
※重奏と合奏の区別について
各声部を独立した1人の奏者が受け持つ場合を重奏、2人以上からなる声部を含む場合を合奏ということにさせていただきます。

参加申し込みについて

◆申込期限 : 2022年2月13日(日)必着
◆申込方法
 以下のどちらかでお申し込みください。
①山口県ギター音楽協会の申込フォームから申し込む。
②申込用紙に必要事項を記入の上、下記の宛先に郵送にて申し込む。
 〒752-0935 下関市長府松小田中町1-2 山口県ギター音楽協会事務局
◆参加料の振込先は、申し込み〆切後に改めてお知らせします。
◆お問合せ先 E-mail/ygs(at)guitar.jp または TEL/090-6838-2954 (塩田万希世)

申込フォーム
◇ご案内と申込用紙 Word / PDF

【重要】第50回山口ギターコンクール グランプリ部門課題曲について

第50回山口ギターコンクール グランプリ部門課題曲について、演奏上の指示を下記の通り追加致します。

参考:第50回山口ギターコンクール開催要項 

指定の(株)現代ギター社発行「標準版ターレガギター曲集5 編曲作品集」 “ヴェルディの歌劇「椿姫」による幻想曲” の以下の2か所について、音を訂正いたしますので、当コンクールでは指定の音で演奏してください。

① P.38 4段目3小節 シ→レ

もとの楽譜
訂正後の楽譜

② P.43 2段目2小節 レ→ド(♯)

もとの楽譜
訂正した楽譜

「山口ギターコンクール50回記念プレイベント 優勝者によるスペシャルコンサート」開催しました

 山口県ギター音楽協会では、2022年開催の「山口ギターコンクール」が50回をむかえるにあたり、過去のグランプリ部門優勝者の中から今回4人の出演をいただき、文化庁の助成を得て11月20日と27日に「山口ギターコンクール50回記念プレイベント 優勝者によるスペシャルコンサート」を開催しました。
 山口県ギター音楽協会は、県内の楽器商組合とギター関係者の協力により発足し、レベルアップと交流を図る一環としてコンクールを開催する運びとなったように聞いています。かつては、特に柳井を中心とした県東部の中学・高校の部活が盛んであり、合奏部門に出場したり全国規模の合奏コンクールに挑戦する学校もありましたが、指導者の転勤・引退や少子高齢化の影響で現在はクラブはすべて廃部となっています。昨今の当コンクールは、部門の細分化もあり個人参加が増えていますが、特にシニア部門と小学生・中学生部門の充実が特徴的です。

 11月20日(土)は、下関市生涯学習プラザ風のホールで行われ演奏者は濱田圭さんと溝口伸一さん、27日(土)は防府市アスピラート音楽ホールで行われ演奏者は森田莉子さんと山口莉奈さんでした。濱田さんは第28回の優勝者で、吉田藤太郎氏と稲垣稔氏に学び関西を中心に活躍しています。落ち着いた表現と美音で、しっかりした大人の音楽を聴かせてくれました。溝口さんは第37回の優勝者で別府市在住、竹内幸一氏・竹内竜次氏そして稲垣稔氏に学び、大分を中心に活躍しています。力強く、しかし荒くはない元気一杯の演奏でした。森田さんは第40回の優勝者で福岡在住、現在大学4年生で上野芽実氏のもとで研鑽を積んでいます。安定した技術と気品のある表現であり、まさに今後正統派の道を歩む存在となりうることでしょう。山口さんは第44回の優勝者で濱田圭氏・藤井敬吾氏・福田進一氏に学び、関西のみならずすでに各地で活躍しています。しなやかな歌い回しが心地よい演奏でした。
 主な曲目は以下の通り。
溝口ソロ~サンバースト(ヨーク)、スペイン舞曲第五番「アンダルーサ」(グラナドス)ほか、濱田ソロ~告白のロマンス(バリオス)、明石の空の下(レーモン)ほか、デュオ~フール・オン・ザ・ヒル(ブローウェル編)ほか。森田ソロ~スペイン・セレナーデ(マラッツ)、ソナチネ(バークリー)ほか、山口ソロ~タンゴ・アン・スカイ(ディアンス)、「マルボロー」による変奏曲(ソル)ほか、デュオ~「ロンドン」交響曲第一楽章(ハイドン/カルリ編)。

 当コンクールは優勝者への賞金はありませんが、翌年のコンクールへのゲスト出演(コロナ感染の状況でできない場合もあったが)依頼など、当コンクールを経てステップアップしていく受賞者をなるべくバックアップして行きたいと考えています。「記念コンサート」も今年だけに終わらず、規模や会場など勘案しながら開催していく予定です。

 2022年のコンクールは8月20日(土)に下関市で開催し、ゲスト審査員には小暮浩史氏を迎え、前日19日(金)は氏によるコンサートを行う予定です。
 当コンクールの特徴として、部門分けのほか、審査員の半数がギタリスト以外の一般音楽家であることと、全参加者に参加部門の審査員による「ひとことアドバイス」を贈呈しているので、日々の練習の参考になることでしょう。またコンクールに先立ち、春くらいに協会メンバーによる「課題曲勉強会」を行う予定でです。誰でも聴講可能なので、コンクール参加予定者のみならず日々の練習に活かしたい方など、ぜひご参加ください。
 ※第50回山口ギターコンクールの詳細は、当ホームページの開催要項をご覧ください。

溝口伸一さん
濱田圭さん
濱田&溝口デュオ
森田莉子さん
山口莉奈さん
森田&山口デュオ

第50回山口ギターコンクール グランプリ部門課題曲の版指定について

先日発表の開催要項に記載したグランプリ部門の課題曲について、以下のように使用楽譜の指定をさせていただきましたので、お知らせいたします。(2021年10月24日改訂)

【修正前】
[予選]課題曲のみ : “ヴェルディの歌劇「椿姫」による幻想曲”(タレガ編指定)
                  ↓
【修正後】
[予選]課題曲のみ : “ヴェルディの歌劇「椿姫」による幻想曲”(タレガ編、現代ギター版指定)