第12回山口ギターフェスティバル 無事終了しました

山口県ギター音楽協会会長 中野義久

 第12回山口ギターフェスティバルを無事終了することができました。参加していただいた皆様、聴衆の皆様、本当にありがとうございました。
 コロナウィルスが蔓延し、隣県の広島福岡に緊急事態宣言が出され不安な中での開催となりましたが、ほとんどの参加者の方がご自分の出番でないときにはホール内で仲間の演奏を聴き、最後まで残っていただいている姿を見て、同じ楽しみを持つ「絆」というのはこんなものなんだろうなあ・・と感激を新たにしました。今回参加予定ながら棄権された方も、都合で参加されなかった方も、来年はぜひお出で下さいませ。

 下記は、パンフにも掲載いたしました文化庁長官のメッセージです。
『これまでの新型コロナウイルス感染症との過酷な闘いの中で明らかになったことは、このような未曽有の困難と不安の中、私たちに安らぎと勇気、明日への希望を与えてくれたのが、文化であり芸術であったということです。
 文化芸術活動は、断じて不要でもなければ不急でもありません。このような状況であるからこそ、社会全体の健康や幸福を維持し、私たちが生きていく上で、必要不可欠なものであると確信しています。
令和三年五月 文化庁長官 都倉俊一』

講師アンサンブル
講師アンサンブル

★プログラム PDF

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください